FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気に過ごしています。

仕事の環境も変わって、いたずら星さまのもとへ還る機会がなかなかとれなくなっています。
そんなことで、ブログの更新もすっかり滞ってしまいました。

SM世界からは少し遠ざかって女装界を徘徊していますが、ヒ〇ミはずっといたずら星様の子です。
還るところはいたずら星さまのところしかありません。
いたずら星さまからみると、まだまだずっとずっと甘チャンのM男だとは思いますが・・・。

いたずら星さまとは、ずっとメールで繋がっています。
女装嫌いな方ですが、そっと見守っていただいてるようで感謝しています。
お顔や生の声、あの肌の温もりを確かめることができないのはちょっと寂しいですが・・・。

ヒ〇ミのことをすべてわかってくださる方はいたずら星さましかいません。
ヒ〇ミはいたずら星さまの男性的な部分に惹かれてて、もしかしたら女性としての心を動かされていたのかなと、女装をしだしてから考えたりしています。

男性器で感じるより、心や皮膚や粘膜で感じる悦びを研ぎ澄ましていただきました。
男としてじゃなく、女に近づいちゃったのかも知れません。

「女装はやりだしたら、抜けることなんかできないよ」

って、始めてすぐにいたずら星様がおっしゃった言葉、今でもしょっちゅう思いだしています。
自分自身、趣味嗜好なのか、もともとGIDなのか、なんでやってるのかわからなくなる時があります。
これからどうなるんだろって、葛藤しちゃうこともあるのですが、なるようになるさー的な思考のほうが生来強いので悩まないようにしています。

いたずら星さまや、ブログを陰から見守ってくださっていた方にはこの約1年間の放置、申し訳ありませんでした。

時折は近況をお伝えしたいと思っています。

imgCANC21XO.jpg


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : SM - ジャンル : アダルト

10000アクセス ありがとうございました♪

ご報告が遅れましたが、10月20日に10000アクセスになりました。

いたずら星さまはもちろん、これまでご覧いただいたり励ましていただいたり、支えてくださった皆様へ心から感謝いたします。

二人の出逢い3週年の記念日になればいいなと思っていましたが、一日前の達成となりました。
(いたずら星さまが、9999番目のアクセスだったと怒っていました。www)


派手なブログではありませんが、地道に二人のことを綴ってこれたかなと思っています。

途中から「亀之助」も加わって、彼もなかなかいい味付けをしてくれてます。w

引き続き、よろしくお願いいたします。


まずは御礼まで。

ありがとうございます。<(_ _)>


デジカメ100623 155



↑ ポチっと協力いただけたら嬉しいです♪

テーマ : SM - ジャンル : アダルト

3年目の旅 -その3-

【3日目 夜】

運転しながらの恥ずかしいプレイは、僕の眠気をふっ飛ばしてくれました。
市街地で交通量が多くなってからは、いたずら星さまも事故を懸念されて手をとめられました。(汗)

ホテルへは女の子の姿のままチェックインしました。
大きなツインの部屋で少し休憩しながら、僕はお色直し(?)で、ちょっぴりドレスアップをしました。

夜の食事は海鮮居酒屋でした。
ここで・・・。
歯車がちょっぴり狂ってしまったようで・・・。

女装にうつつを抜かしてる僕は、いたずら星さまへの配慮を怠りました。
つけ爪で、ブーツを脱ごうと苦労してるいたずら星さまに気付かなかったんです。
(翌日、そのことを教えていただきました)
単にその事だけではなくて、日常でいたずら星さまに心配をかけていたのでしょう。

小上がりの掘りごたつに座ったいたずら星さまが急に無口で不機嫌そうになっちゃって。
僕はその理由がわからず戸惑いました。
味気ない食事を終えて、予定してたすすきののフェチバーに行きました。

すすきのでは有名なフェチバー「H」は土曜日ということもあって大賑わい。
SMカップルやら、単独の男女の変態さん達でお店は埋め尽くされていました。
僕がお店にあった少しエロチックな服に着替えて戻ったら、ちょうどステージ前のカウンターで僕の椅子が邪魔っ立ったようで、いたずら星さまからは床に座ってなさいと指示がありました。
持参していた首輪をつけて、いたずら星さまの脚に寄り添うようにじっとしていました。
居酒屋でのことがどうも引きずっていたのと、寝不足と運転疲れも重なって僕はもう脱力状態・・・。
いたずら星さまはステージ他で繰り広げられている痴態プレイをニコニコしながら眺めていました。

この夜は結局、ホテルに戻ってもいたずら星さまとはまともに会話をかわせず寝てしまいました。


【4日目 朝~昼】

朝、眼が覚めてすぐに隣のいたずら星さまのベッドに潜りこみました。
いたずら星さまは僕よりずっと早くから眼を覚ましていたそうです。

「昨日はごめんなさい」

いたずら星さまの背中にしがみついて謝りました。
理由はまだ分かりませんでしたが、いたずら星さまが楽しみにしていたフェチバーでなんとも情けない姿を晒してしまったことを詫びました。
そして女装にばかり気が向いてしまって、いたずら星さまとのSM関係が希薄になっていたことを知りました。

そして・・・。

抱いていただきました。

僕の一番好きないたずら星さまの爪、歯・・・そして唇と舌。
短い時間でしたが、今までで一番強烈に感じたような気がします。

Picture 675

いたずら星さまの置き土産。
今でもうっすらとですが、太腿に残っています。

Picture 676

ホテルをチェックアウトして、デパートでお土産手配のお手伝いをしました。
駅ビルで回転ずしとラーメンのダブルランチをして空港までお見送りをしました。

いたずら星さまが搭乗口を抜けるとき、一度だけ振り返ってくれました。
(普段、振り返ることってしない方なので・・・)
二度目はなかったけど・・・。
その一度の振り返りと笑顔で、素敵な旅ができたんだなと思いました。

これからも「血の鎖」がきっちり繋がっていきますように。
そして頑張らなくっちゃ。
祈る気持ちで、搭乗口の向こうへ消えていくいたずら星さまの後ろ姿を見届けました。

10月21日。
いたずら星さまと出逢えて3年目を迎えることができました。

テーマ : SM - ジャンル : アダルト

乳首育成計画

一昨日から乳首吸引&ゴム拘束が続いています。
いたずら星さまにお願いして、WEBカメラで見ていただきながら装着しました。
内径5ミリの黒いゴム輪がうまくフィットしています。

20101019100940.jpg

つけたその夜は、恥ずかしいことなのですが、僕のオチン○ンからはずっと汚汁が流れっぱなしでした。
3日目の今朝は、起きた時に乳首とオチン○ンがダブル朝ダチ状態で、すぐにいたずら星さまに報告しました。

20101019101707.jpg

そして会社のトイレでさきほど付け替えをしました。
伸びてるところをさらに吸引したので、少し長くなったような感じがします。

もちろんゴムの存在を忘れてるときもあるのですが、乳首に意識が戻った時には軽い痛みを伴う拘束感が戻ってきます。
いたずら星さまから乳首への愛撫(噛む、吸う、転す、捻る)をいただいてるようで、腰から下半身に伝う快感で下着をすぐに汚しています。
ボクの胸にいたずら星さまの顔がある錯覚に襲われます。

そして歩いてるときは、腫れ気味の乳首が揺れてTシャツに当たり続けてしまって・・・。

今も・・・。
ブログを書きながら、汚汁をチュルンって流してしまいました。

いたずら星さまからは、替えのパンツ(ショーツ)を持ってきたのかと聞かれました。
明日からは鞄にちゃんと忍ばせてこようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふとカウンターを見ると、僕のブログがもうすぐ10000アクセスになりそうです。
いたずら星さまと出逢えた3年前の10月21日、その日に達成できたら嬉しいなと思います。

テーマ : SM - ジャンル : アダルト

3年目の旅 -その2-

【3日目 朝から昼】

この日は終日女装で過ごさせていただきました。
宿の部屋で、先にお出かけ準備を済ましたいたずら星さま。
僕はモタモタとメイクしてて、お待たせしてしまいました。
朝の地獄谷が望める窓辺は気持ち良かったです。

おばちゃまの僕がチェックアウトして、道央の深まる秋に出発です。
(以下、女装カテっぽい写真ですが、ご勘弁ください)
こんな僕と一緒のいたずら星さま・・・逆羞恥プレイだったのでは・・・。
でも懐の深い方なのですね、手もいっぱい繋いでくださいました。

<間欠泉と赤鬼・青鬼>
宿の前の間欠泉がゴーゴー音を立てて吹き上げていました。
登別と言えばやはり地獄=鬼なのですね。
地獄谷へ向かう途中で大きな鬼が出迎えてくれました。

IMG_0136-21.jpg

<地獄谷>~登別最大の観光名所です。
朝早くからたくさんの観光客で賑わっていました。
一緒に写真を撮りたかったけど、写真嫌いのいたずら星さまなのです。

先がまだ長いので、ここは早々に引き揚げです。
宿に戻って、荷物を積み込みドライブに出発しました。
それにしてもこの荷物の多さ・・・。
いたずら星さまは子供一人入るような大きなスポーツバック。
僕はボストンバッグが二つとあと紙袋。(汗)
普通の旅に、SM道具と女装道具で3人分+αなのでした。(笑)

IMG_0140-31.jpg

<洞爺湖畔>~中島にはエゾシカが生息してる道内有数の大きな湖です。
湖畔では一緒にトイレに入りました。
あとからおばさまが入ってきて、僕の隣に入ったので、先に用を終えたいたずら星さまが手洗い場で僕を追いたてました。
危機一髪・・・。
でも初めての連れション、嬉しかったです。

ナナカマドの実が赤く色づいて綺麗でした。

IMG_0145-41.jpg

<有珠山>~西山火口群を散策です。
噴火から11年経っても、生々しい地球の鼓動を感じます。
地殻変動で隆起した道道は傾いてめまいがしそう。
ひしゃげた保育園の建物や、火口壁に残る水道管、折れた道路標識、その迫力にいたずら星さまも驚いていたようです。
帰りの木道の半ばで雨が降り出しました。
おばちゃまは男走りで観光客達を追い越して、先に駐車場に向かい車を出していたずら星さまを迎えました。

IMG_0148-5.jpg

<ルスツ道の駅>~秋の味覚のじゃがいもなど地場産品がお買い得でした。
ここでお昼ご飯です。
いたずら星さまは味噌ラーメン、美味しかったみたいです。
一緒に注文したおにぎりの大きさに、いたずら星さまがびっくり。
お米2合分ぐらいはありそうなお化けお握りでした。(笑)
よって、食べずに持ち帰りです。

揚げイモがあったので、いたずら星さまにも食べていただいたら、じゃがいもがあまり好きじゃないはずのいたずら星さまが美味しいって言ってくださって嬉しかったです。

<札幌への帰り道>
雨足が強くなってきたのと、ニセコへの遠回りだと遅くなりそうでしたので中山峠経由で札幌市内のホテルに向かいました。
あいにくのお天気でしたが、紅葉も楽しんでいただけたと思います。

札幌の市街地が近くなってきた時。

助手席のいたずら星さまが、僕のスカートの中に手を・・・。
パンストとその下のショーツ越しに僕のペニクリをさわさわと触れてくださいました。
下向きの僕のお●んちんが膨らんでしまって・・・。
運転中なのでしっかり前を向かなくちゃ。
でも、いたずら星さま、ずっとそのまま触れ続けるんです。
「あ・・・、ふぅ・・・」
少し喘いでしまいました。

そして、いたずら星さま。
「ねぇ、替えのパンスト持ってきてるよね?」
「は、はい。持ってきてます」
「じゃあ・・破いてもいいわよね」

股間の部分が引き裂かれました。
エンジ色の僕のショーツ・・・、染みがいっぱい広がっていたと思います。
やがてその脇から僕の愚息がひきずり出されちゃいました。

ぐちゅぐちゅに濡れた鈴口から先端を揉みこむように、いたずら星さまの柔らかな手が動いています。
(女の子なのに・・・なんて恥ずかしい姿なんだろ・・・)
めいっぱい愚息が固く伸びてしまいました。
「ほら・・・、こんなところ見られたら恥ずかしいわよね?」
「あぁ・・・、感じちゃいます」

市街地に入り、道が2車線になりました。
「隣にバスとか来たらまる見えよ?」
「横のワゴン車の助手席におばさん乗ってわね」
「うぅ・・・、見えちゃってるのでしょうか? ヒ●ミ、すごい恥ずかしい姿です」

逝っちゃいけない・・・。
でも逝きそう・・・。

ハンドルを強く握り締めながら、羞恥と甘い快感で僕の太腿が小刻みに震え続けました。



-3日目夜に続きます-

テーマ : SM - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。